敏感肌の人必見!!敏感肌はメラニンが定着しやすい??

 

 

美白と正反対の減少に日焼けがあります。
では、日焼というのはどのような現象なのかということを考えていくと、敏感肌の方が色素沈着を起こしやすい理由が分かってきます。
ではまず日焼の仕組みをチェックしながら、敏感肌の方の色素沈着が起こりやすい理由を解き明かしていきましょう。

 

日焼は実はお肌を守る防衛反応

 

大気中には人にとって有害となるさまざまな物質があります。
埃や紫外線などはその代表的な有害物質です。
とくに紫外線は、身体に入るとお肌の弾力やハリなどを保つために必要なコラーゲン、そしてコラーゲンを支えているエラスチンなどを損傷させてしまいます。

 

 

 

さらに、活性酸素を産みだしてしまうといった厄介な存在でもあります。
このような紫外線の害から体を守るために、身体は角層に紫外線をカットする為の防衛機能を発動するように働きかけます。
まず身体はシロチンというアミノ酸と、シロチナーゼという酵素をメラノサイト内で合体させてメラニンを生成するように促します。
シロチンとシロチナーゼが合体を繰り返すことで、メラニンという褐色の色素を産みだします。

 

メラニンは紫外線を吸収することができるので、お肌を外部からの刺激から守ることが出来るんです。
つまり、メラニンは基本としては身体を守ってくれる身体にとっては良い物質になります。

 

メラニンがなぜ作られ続けるのか

 

このメラニンはもともと身体を守るために生成されるものなので、簡単には排出されないという特徴を持っています。
また、さらに常に紫外線などの刺激が与えられ続けると、メラノサイトではメラニンの生成を常に行うことになり、過剰なメラニン生成が行われてしまいます。
ですが、刺激が止まれば、メラノサイトでのメラニンの生成が抑制されていきます。

 

一時的に身体に浴びる紫外線が強くなり、日焼したお肌の場合には、紫外線の影響が無くなればメラニンの生成が止まり、やがてメラニンを含む細胞はターンオーバーによって排出されていきますが、何かしらの刺激が常にお肌に与えられている状態の場合には、メラニンの生成が止まらず、色素沈着が起こってしまう事になります。
実はこの何かしらの刺激が常にお肌に与えられている状態というのが、敏感肌の方のお肌の状態なんです。

 

刺激を止める必要がある

 

敏感肌の方は、常に外部からの刺激にお肌が晒されている状態が続いているため、外部からの刺激から体を守るためにメラノサイトではメラニンの生成が続くので、敏感肌の方は色素沈着を起こしやすいくなるんです。

 

 

 

では、色素沈着を起こさないようにするにはどうしたらいいのかというと、外部からの刺激を止めることが必要になってくるんです。
敏感肌の方が外部からの刺激を受けやすいのは、お肌の表面の角質、つまりキメが乱れてしまっているからです。
お肌はいくつもの細胞が積み重なりあって出来ていますが、このもっとも外側の部分が角質です。新しい肌の細胞が生まれると徐々に古い細胞が外に押し出されていき、やがて角質となって剥がれ落ちていきます。
新しい細胞は水分も多く、細胞と細胞の間がぎゅっと詰まっていますが、古くなった細胞は水分も失われやすくなり、隙間が空いてきます。

 

角質の部分は乾燥するとめくりあがり、キメが乱れ、細胞と細胞の間の隙間が広くなっていきます。
この広がった隙間に外部からの刺激が入り込むことで、お肌の中では小さな炎症が引き起こされ、さらに細胞と細胞の間の隙間が広くなっていきます。

 

この隙間を広げないようにして、さらに隙間を埋めてあげることで、お肌に外部からの刺激を入り込ませず、炎症を起こさなくすることが出来ますよね。
炎症が起こらなくなればお肌は防衛機能を働かせないで済みますので、メラニンの生成を抑制し、お肌が色素沈着を起こすことはなくなります。

 

生成されるメラニンの種類を変えるという方法も

 

敏感肌の方の場合、細胞と細胞の隙間を埋めることが難しい人も多くいます。
簡単にこの隙間を埋めることが出来れば、敏感肌に悩むことはなくなりますよね?
そこで、生成されるメラニンの種類を変えるアプローチを行っていくことも必要になってきます。
実はメラニンには、褐色の色素を持つ黒色メラニンと、肌色の色素を持つ肌色メラニンという二つの種類のメラニンがあります。
メラニンが生成される時、メラノサイトというところではアミノ酸であるシロチンと、酵素であるシロチナーゼが合体を繰り返すことで黒色メラニンを生成してしまいますが、シロチンにシロチナーゼを合体させなければ、実は肌色メラニンが生成されるんです。
肌色メラニンは黒色メラニンと異なり、お肌の色と同じ色素をもち、黒色メラニン同様にお肌を守ってくれる性質を持っています。
つまり、メラニンの生成の時に、シロチンとシロチナーゼの合体を阻害すれば、色素沈着を起こさない状態で外部からの刺激から体を守ることが出来るんです。

 

エスクレシドという美白方法

 

トチノキ科の植物で落葉樹のセイヨウトチノキの果実や葉、樹皮などから抽出された「エスクレシド」という成分は、ポーラ研究所というところで開発されたオリジナル美白成分ですが、このエスクレシドはシロチナーゼの生成を抑制することが出来る成分になっています。

 

エスクレシドを配合することで、黒色メラニンの生成を抑え、肌色メラニンを生成することができます。
このエスクレシドは敏感肌の方でも刺激にならず、炎症を起こしにくい成分になっています。
このエスクレシドを配合している化粧品として、ポーラ・オルビスグループのDecenciaから販売されているサエルという敏感肌用美白ラインがあります。

 

サエルは細胞と細胞の隙間を埋めることが出来るヒト型セラミドも配合し、外部からの刺激からお肌を守るバリア機能を持つ化粧品でもあるので、敏感肌の方でも色素沈着をし難くすることができるんですよ。

 

こんな記事も読まれています♪