私は敏感肌だから、低刺激性の化粧水を使っています。
という人は多くいますよね。
確かに敏感肌の方は化粧水のちょっとした刺激でもお肌がヒリヒリとしてしまったり、赤くなってしまう、痒くなってしまうといったトラブルを抱えやすくなります。
低刺激性の化粧水はお肌の乾燥対策には良いものですが、さらに美白というものを考えた時には、効果を期待することは残念ながらできないんです。
では、敏感肌の方でも美白効果を期待できる化粧水はないのでしょうか?

 

お肌が敏感になるのはどうして?

 

 

お肌にはもともとバリア機能が備わっています。
これは外部からの刺激をお肌の内部に通さないようにする機能であり、さらにお肌の内部の水分の蒸散を防ぐという役割もあります。
お肌の表面のキメが整っている場合には、このバリア機能がしっかりと機能するため、お肌は潤いを保ち、外部からの刺激をしっかりと跳ね返すことが出来ます。

 

ですが、このキメが乱れてしまうと、お肌の奥から水分が蒸散し、潤いが失われてしまいます。
さらに、乱れたキメの間からは紫外線や埃などがお肌の奥に届き、炎症を起こしてしまうんです。
敏感肌の方はこのバリア機能が低下し、キメが乱れている状態が続いているため、ちょっとした刺激でもお肌にダイレクトに届くため、刺激を感じやすくなってしまうんです。

 

炎症はお肌のトーンを下げる

 

 

お肌の奥で起こる炎症は、肉眼でははっきりと見ることが出来ません。
ですが、この炎症を鎮め、これ以上お肌の奥に炎症が起こらないようにお肌は一所懸命に守ろうとします。
この防衛機能が、メラニン色素を生成するというものになります。
実はこのメラニン色素がお肌の明るさのトーンを下げてしまう原因です。

 

日焼けをしたと気にお肌が黒っぽくなりますが、この正体がメラニン色素なんです。
メラニン色素を生成することで、紫外線の外から体を守るというのが日焼の状態です。
敏感肌の方は常にかるい日焼をしている状態が続くので、美白とは正反対にお肌の明るさのトーンが下がってしまうということが起こりやすくなります。

 

低刺激性化粧水とは?
敏感肌の方が使うことが多い低刺激性化粧水は、あくまでもお肌に刺激を与えず使うことが出来る化粧水で、とりあえず保湿をすることを全体にしている化粧水になります。

 

荒れてしまっているキメを整える力も、起こってしまっているメラニン色素の生成を抑制したり、メラニン色素を還元し、お肌を白く、明るいトーンにしたりしていくことが出来るようなものではありません。

 

バリア機能を強化するといった役割も、残念ながら低刺激性化粧水には期待することが出来ないんです。
あくまでも、今の状態より悪くしないための保湿スキンケアが、低刺激性化粧水なんです。

 

必要なのは3つのことができる化粧水

 

 

 

敏感肌の方が美白を考える時、今の状態よりも悪くしないための化粧水ではなく、今の状態から良い状態にすることが出来る化粧水であり、さらにバリア機能を高めることが出来る化粧水になります。
具体的には、潤いが失われてしまったお肌の奥にしっかりと潤うことが出来る機能を高めてあげること。
荒れてしまったキメを整え、内部の水分の蒸発を抑え、外部からの刺激をカットすること。
炎症を鎮めてメラニン色素が生成されることを抑制し、出来てしまったメラニン色素を還元すること。
この3つの事が大切になってきます。
この3つのことが出来る化粧水を選択することが非常に重要になってきます。

 

潤う機能を高める

 

お肌が潤うためには、保湿機能を高めることが必要です。
保湿をするためにはセラミドという人がもともと持っている成分を補ってあげることが実は大切です。
このセラミドというのは、細胞と細胞の間に満たされている脂質で、セラミドが不足するとお肌の奥から簡単に水分が抜けだして蒸散してしまうんです。

 

細胞と細胞の間をセラミドでぴったりとくっつけてしまうと、水分の蒸散は抑えられるんです。
セラミドといっても、セラミドなら何でもよいわけではありません。
人がもともと持っているセラミドと同じ構造の「ヒト型セラミド」を補うことが必要です。

 

キメを整える

 

お肌の表面のキメというのは、ちょうど家の屋根のようなものと考えると分かりやすいですよ。
屋根の隙間があれば、外部からの刺激である雨や風が屋内に侵入しますが、この隙間をちゃんと埋めてあげればまずは応急処置として外部からの刺激から守ることが出来ます。

 

一度しっかりと守ることで、お肌は本来持っている修復機能によって、自分自身でこの屋根を直し、自分自身で雨や風から屋内を守ることが出来るようになるんです。
つまり、保護をしてあげれば自然治癒能力でキメが整ったお肌にしてくことができます。

 

メラニンを生成させない、そして無くす

 

炎症を抑えることでメラニン色素の生成が行われなくなりますので、抗炎症作用や抗酸化作用をもつ成分を補うこと、そして出来てしまっているメラニン色素を還元することが出来る成分を補うことで「美白」が可能になります。
この両方を兼ね備えているものとしてビタミンC誘導体があります。
他にも抗炎症作用や抗酸化作用を持つお肌に刺激が少ない天然成分を配合したものであれば、お肌のトーンをこれ以上下げることがなくなります。

 

3つのことが出来る化粧水

低刺激性化粧水にはない機能を含みながらも、敏感肌の人でも安心して使うことが出来る化粧水。

 

敏感肌の方にとってはまさにぴったりの化粧水が「サエル」です。

 

ポーラ・オルビスグループで、敏感肌専門のブランドとして人気のdecenciaでは、そんな敏感肌の方のためのラインとしてサエルを用意しています。
Decencia独自のヴァイタサイクルヴェールが、この3つの大切なことをしっかりと行ってくれるんですよ。

 

こんな記事も読まれています♪